STAFF BLOG

新入試制度の変更点

2021年度入試では、これまでと違う点があります。生徒・保護者様からの要望もあり、複数回に分けてご説明したいと思います。まずは、主な変更点がこちらになります。

新入試制度のポイント(変更点)

●入学者選抜区分の変更
一般・AO・推薦入試➡一般・総合型・学校推薦型選抜に変更
●「大学共通テスト」の導入
センター試験とは異なるマーク式、英語はリーディングとリスニングに
●各大学における変化
➡記述式問題の検討(一部の私立大)、英語外部試験利用がさらに拡大
➡私立大・共通テスト利用入試で、リスニングを利用する大学が増加
➡入試における調査書等の利用 「主体性評価」の重視
➡入試日程の変更(主に総合型選抜)

入試改革の目的として、これまでの筆記試験や学力不問の入試から、「学力の3要素」をバランス良く測る入試へという大きな目的があります。(学力の3要素とは、①知識。技能 ②思考力・判断力・表現力 ③主体性・多様性・協働性※主体的に学習に取り組む態度とも言う)

また、その『学力の3要素』を軸にした入試区分を行います。少し複雑になってきました以下に表にします
2021hennkou2
どうでしょうか?わかりづらい点もあるかと思います。ご質問はお気軽にどうぞ!次回は共通テストとセンター試験の違いについて掘り下げてみたいと思います!